こんにちは!一鍼です(^_-)-☆

本日は長かった梅雨が明け、夏の陽射しに1日 覆われています(^^♪

午前中で施術のご予約が切れたので、様子を見てビバリウムの仕上げに掛かりました(^_^)v

昨日はカエルのエリアと観葉植物のエリアとを区切るネットの取り付けをしました(^-^)

鉢にキリで穴を開けて結束バンドでネットを固定しました(^_^)v

単純な作業ですが、取付が完了したのはPM20時の患者さんを見送って始めたので2時間ほど掛かって、PM23時近くなりました(ーー;)

設計図があるわけではないので、固定の仕方や何ヶ所で留めるのか一番強度が高まる固定状態などなど考えながらなので、慎重に行ったのも時間が取られた理由です(´・ω・`)

そして、それぞれのエリアに土を入れて行きました(^^♪

最初に底石を入れてそれから赤玉土と腐葉土を基本7対3の割合で作り、先ずはカエルのエリアに入れて行きましたヽ(^o^)丿

しかし、土を直接入れてしまうとカエルのエリアの土は頻繁に交換する必要があるので土の廃棄が面倒になります。

そこで 目の細かなネットに土を入れて飼育エリアを作りました(^◇^)

正直言って、ネットの始末は自身の詰めが曖昧の為にたわんだ状態になっていて余ってしまっています。

この部分を何かで隠さないと、カエル君の足が引っかかってしまう危険性があるのです。

現在考えているのが、たわんだネット部分に石などを置いてカエル君が近づけない様にする方法です。

発泡スチロールの石状の物をネットで探しています(^^♪

更に植物のエリアに土を入れましたがよりネットのたわみが大きくまた高さは飼育エリアよりもあるので、このネットの特性上で横方向にはかなりのストレッチがあるものの縦方向は全く動きません・・・

そこの考慮が足りなかった為に縦方向のネットが不足してしまい、本来はヤシガラのポットに植えた観葉植物ごと埋めてしまうところ・・・完全にネットの土の上に乗った状態です。

元々のネットの縦方向が長かったので余裕をもって25cmに短くしたのですが、土が入ることによる厚みを考慮し忘れて足りなくなってしまったのです。

不思議な特性のネット状の袋なのです(+o+)

しかし、ごまかしながらも箱物は概ね完成しました。

3種類の観葉植物は残念ながらスパティフィラムとシャムオリズルランしか植えられず、アグラオネマは・・・

回転用のビバリウムに使うつもりですが・・・

今回の様な大掛かりなビバリウムは無理です・・・・

先程水をたっぷりあげました

水はけは良いと思うのですが・・・

この状態で10日間程様子を見ながら元気に観葉植物が育ってくれれば次の段階に入ります。

つまり カエルをお迎えします(^^♪

飼育エリアへは4cm位になるまでは避けたほうがよいとの事なので、それまでは虫用の飼育箱にウールマットを入れて育てるつもりです。

本日もこのブログを読んで頂きありがとうございます。

これからの1日 皆さまが幸せであります様に(●^o^●)

誤字脱字失礼<(_ _)>「